something odd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以下の文章には偏見や多少過激な表現があります。
そういうのが嫌いな人、それと特に喫煙を正当化する人や“嫌煙”が嫌いな人は、見ない方がいいと思います。さよなら。

  

数ヶ月前に、ダーリンのタバコを止めさせた。
かなりの荒療治だったけど、結果としてはよかったと思ってる。
だけど、最近、またタバコ臭い。
口は臭くない。そこで断定。タバコは吸わないけど、喫煙室で副流煙浴びてるんだ。

もともと人前では吸わなかったらしく、付き合い始めた頃に「タバコ止めたよ」と言われた。
それでもいつの間にか再び吸い始め、私の前では絶対に吸わないものの、隔週で会いに来てくれても、服にベッタリついたタバコの臭いがすごく嫌だった。
私の知りえないストレスとかあるんだろう と思って無理に止めさせようとはしなかったけど、結婚して、その考えも変わった。
私は彼とずっと一緒にいたい。私と彼と子どもとで、長く一緒に暮らしたい。
そう思って、タバコを止めるように口うるさく言ってきた。
タバコなんかすぐ止められるよ なんていう言葉とは裏腹に、毎日タバコの臭いをさせて帰宅。
それってどういうことか。
私のささやかな夢を、結婚したなら当然抱くであろう夢を、彼が自分の手で、笑いながら、崩してたってこと。
一年ほどがんばったけど効果は全く無し。
そこで我慢の出来なくなった私の口から暴言。
結局はその暴言のお陰で、彼が喫煙することはなくなったと。(多分。)
だけど結局喫煙所で副流煙浴びてるんじゃ、もっとひどいじゃない。
フィルター通して吸ってる奴らより、何倍ものリスクがあるんだよ。
そう言っても、またタバコの臭いをさせて帰ってくる。

何で喫煙室に行くのかって、それはそこでも仕事の話をするかららしい。
「行き詰ったらタバコを吸う。そしたら頭がすっきりして、いい案が浮かぶ」んだって。
それが麻薬の禁断症状と同じだってこと、いつ気付くんだろう?
ニコチンが欲しくて欲しくて、それで正常な思考ができなくなってるってこと、分からないのか。
最初からタバコなんか吸ってなきゃ、そんなこともないだろうに。
禁煙中の部下に「なんだ、タバコ持ってないのか」なんて言ってタバコを渡すようなバカなこと、脳みそやられてないと出来ないのはなんとなく分かるけど。

出かけた先で歩きタバコしてる人を見るといつも思う。
せいぜい、やせ細って骨と皮だけみたいな状態になって家族にお別れをいうベッドの上で、後悔するんだな と。

でも私はそんなの嫌だ。
だから喫煙室なんか行ってほしくないのに。
必死になって伝えてるつもりなのに。
全然伝わらないみたい。
どうすりゃいいんだろう。
今の私はもう大声で泣くことしか出来ない。
私の夢は、叶いそうにありません。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

難しいと思う。
テクの気持ちもわかるし。
でも、今の日本の社会というか仕事場の中でタバコは市民権を得てしまっているんだよね。
前にドラマ「フレンズ」で喫煙室での仕事の話をテーマに一話作られていたけど、そう言うことなんだろうなって。

コメントの投稿

ナイショのコメント

トラックバック

http://tickie.blog5.fc2.com/tb.php/133-2a83e855

 ♥ HOME ♥ 

tickie

lapin

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。